「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

汚部屋はたった5秒の習慣で簡単に脱出できる!

頑張れば片付けられるけど、いつもごちゃっとしてるんだよねぇ・・・。というお悩みのお持ちの方、多いと思います。

今日は、床可視率0%、地層10cmの汚部屋から脱出した経験をもとに、ごちゃっとしがちな部屋を脱出して生活感少なめの部屋にするためのたった5秒の習慣についてお話ししようと思います!

私の汚部屋脱出の経緯はこちらをご覧ください。
[blog_card id=”496″]

 

それではさっそくご紹介します!

対象
・床可視率80%以上
・いつもごちゃっと散らかっている人
・片付けようと頑張れば片付けられる人

汚部屋になる理由

一念発起して部屋を片付けたのに維持できないのはなぜでしょうか。それは「掃除する習慣」が身についていないからなのですね。
頑張れば片付けられるということは、片付ける能力は持っている!けれど、維持する能力は未発達なので、これから育てていく能力なのです。

ダイエットのリバウンドとおなじで、無理して片付けてもキレイ部屋を維持する生活・体質になっていないと、またすぐに汚部屋に逆戻りというわけなのです。

5秒だけ掃除をしてみよう

汚部屋をキレイ部屋にするのってすご~く大変ですよね。「そんな大変なことを毎日続けるのはとてもじゃないけど無理…。」

わかります。わたしにも無理です。

けれど、5秒ならどうでしょうか?5秒だけなら頑張れる気がしませんか?5秒というのは、落ちているものを拾う時間です。

たとえば、

・床に髪の毛が落ちていたら拾って捨てる。
・シンクに醤油がこぼれていたらティッシュで拭く。
・コートを脱ぎ棄てていたら拾ってかける。

けれど、床に脱ぎ捨てていたコートをクローゼットのハンガーにかけに行ったら5秒を超えてしまうので、

・床に脱ぎ捨てているならばソファに乗せる。
・ソファに脱ぎ捨てているならクローゼットに突っ込む。
・クローゼットに丸めて突っ込んでいるなら、ハンガーを使う。

こんなもので大丈夫。ちょっとずつ5秒のステップアップをしていくのがポイントです。

nyaco

いきなり100点を目指すと大変だから、1点ずつ刻んでいきましょう~

5秒だけ頑張れば汚部屋にはならない

床に脱ぎ捨てていたコートも、1日に3回だけ5秒頑張れば、クローゼットに収納できます。実は、床に脱ぎ捨てたコートをクローゼットにきちんと収納するのはすごく大変な事なんです。

1.拾って
2.歩いて
3.クローゼットを開けて
4.ハンガーにかけて
5.クローゼットを閉じて
6.元の用事に戻る

こんなにたくさんのステップがあるので、つい後回しにしちゃうんですよね。

けれど、

1.拾って
2.置く

この2ステップだけならば負担が少なくすごくやりやすい!

5秒の習慣がたくさん増えていけば、つねにあちこちで少しずつ掃除が進むので、汚部屋は防止できるというわけです!

nyaco

めんどくさいときはソファからクローゼットに行く途中にある椅子に掛けちゃうこともあるけれど、なんだかんだ朝にはクローゼットにきちんと収納されています(笑)

まとめ

5秒の習慣で汚部屋予防の方法はいかがでしたか?
いきなり頑張るのも、頑張り続けるのも、汚部屋住人の私には無理すぎて辿り着いた方法なのでした。

すごく簡単なので、散らかった部屋に困っているかたは試してみてはいかがでしょうか?

[last_text]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。