【書評】こころの対話 25のルールはコミュ障のバイブルだった!

たまたま手にとった「こころの対話25のルール」。

この本は人間関係がうまく築けない人のバイブルとも言える良本でした。コミュニケーションの基本が詰まっています。

なぜかみんなに嫌われてしまうとか、大勢でいても孤独感を感じてしまう人におすすめの一冊です。

ぜひ読んでほしい、コミュ障のバイブル

この本は人間関係がうまくできない人にとってはバイブルです。

会話の仕方、嫌いな人との付き合い方、嫌な記憶の消し方、レッテルを貼らずに相手を見ることなどが書いてあります。

「会話のキャッチボールをする」「嫌いな人には近づかない」など、どこかで聞いたことはあるけれどうまくいかないよ…というような内容を噛み砕いて説明してくれているのでとってもわかりやすいんです。

どうしても人に嫌われてしまうとか、孤立してしまいがちで、もう一生一人でいいや…と思ってるタイプの人に読んでもらいたい一冊です。

会話のキャッチボールをしよう

「会話のキャッチボール」、よく聞くフレーズですよね。

人とうまく会話ができない私は今まで何人かの人に「会話のキャッチボールをしろ」と注意を受けてきました。

でも全然うまくいきません。

ところがこの本にはものすごくわかりやすく書いてあったのです。

まず、Aさんが投げます。それをBさんが受け取ります。そして、BさんはAさんに投げ返します。それをAさんが受け取ります。これで、コミュニケーションがひとつ「完了」です。

つまり、Aさんが投げたボールが、Aさんのところに戻って、コミュニケーションが完了するのです。

伊藤守. こころの対話 25のルール (Japanese Edition) (Kindle の位置No.794-797). Kindle 版.

私がハッとしたのはこのフレーズ。「Aさんが投げたボールが、Aさんのところに戻って、コミュニケーションが完了する」の部分です。

Aさんが投げてきた話を投げ返す必要があるのですよね。自分のところで止めてもダメだし、別の話を投げ返したり、受け取らずによそ見をしてもダメなんです。

言われてみたら当たり前のことなんですがコミュニケーション下手はここまで噛み砕いてくれないとわかりません。

で、実際どうやるのというところなんですが

A「気分はどうですか?」
B「あまりよくないですね」
A「そうですか、気分がよくないんですね」
これで、ひとつ完了。

A「どこが調子悪いんですか?」
B「胃が痛いんですよ」
A「胃が痛いんですね」
と、続ければ、再び、ひとつ完了します。

伊藤守. こころの対話 25のルール (Japanese Edition) (Kindle の位置No.797-801). Kindle 版.

ここまで詳しく書いてくれています。わかりやすすぎる!

嫌な記憶を消す方法

いつまでも昔の嫌な記憶が忘れられなくて苦しんでいませんか。私は急に嫌なことを思い出して怒り狂ってしまうことがあります。

嫌な記憶が残るのもコミュニケーションが未完了になっているのが原因だと言ってます。未完了だったコミュニケーションを完了させたらいいんですが、そうそううまくいきません。

そこで嫌な記憶をなんとかする方法も提案されています。

あなたをコントロールする記憶や過去の体験からあなたを自由にする方法は、とてもシンプルです。ただ、彼らを許すことです。心の中の仕返しをやめることです。

伊藤守. こころの対話 25のルール (Japanese Edition) (Kindle の位置No.952-953). Kindle 版.

「相手を許せ」というのも良く言われることですよね。でも、許せないから苦しんでるんだってば!という感じです。

許し方はこうです。彼らの顔が浮かんだら、その人たちの人生がうまくいっているところを想像します。仕事の上でも、家庭でも、その人の人生がうまくいき、幸福に過ごしているところを想像するのです。ただ想像するだけです。

伊藤守. こころの対話 25のルール (Japanese Edition) (Kindle の位置No.955-957). Kindle 版.

ムカつくあいつが幸せになるなんて許せません。著者も難しいけど頑張れと書いています。3〜4週間続けると変わってくるのだそうです。

なるほどと思って私は早速初めてみました。今まで何度も頭の中でぶちのめしてきたことはあったけど、幸せになったところなんて想像したこと一度もありませんでした。

でも、実際に想像してみたら、「もうこの人は自分とは関係ないのだな」とストンと納得してしまいました。不思議な感覚です。

いますぐ実践できることばかりだから読んでみて!

この本の素晴らしいところは今すぐ実践できることばかりが書いてあるところです。

例えば「話は最後まで口を挟まずに聞く」「イラッときても黙って聞く」「とにかく最後まで聞く」と話を聞くことが強調されているので、私が明日からやるべきことは「口を挟まず最後まで話を聞くこと」です。

昔の嫌なことを思い出す癖は、今日の夜から相手の幸せなところを想像しながら寝るようにすれば良さそうです。

少し前に相手を幸せにする話し方を学ぼうと決意したところだったのでとてもいい本に出会えました。

こころの対話 25のルールはコミュニケーション下手で悩んでいる方に自信を持ってお勧めできる一冊です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事