「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

貯金ゼロを脱出するために節約は必須

貯金したい、お金がないが口癖の人っていませんか。私は貯金がないと言い続けて何年も経ってしまいました。

貯金しなきゃと言いながら、実際は小銭貯金や先取り貯金などそれなりにお金を貯める行動はしてきたにも関わらず貯金はゼロ。

頑張って貯めた小銭は一体どこへ行ってしまったのだろうか?

そんな経験から、改めて貯金と節約の関係について考えてみました。

貯金してるのにお金が貯まらない人

貯金がある程度の金額になると使ってしまう人や、いつもカツカツで頻繁に貯金に手を出してしまっていませんか?

私の場合は生活がカツカツで貯金を生活費に使ってしまうパターンに当てはまります。

調子がいいと20万くらいはたまるのですが調子が悪い時にちょこちょこ使って気付けば貯金がゼロ。

貯まるより使うペースが早いよくない状況になっている人も多いはず。

そんな人は、節約に取り組む必要があります。

節約して貯金をするのではない

節約というとコツコツお金を捻出してそれを貯めていくイメージがありますが、貯金下手にとっての節約とはせっかく貯めたお金を使わないようにする術です。

日々の生活から捻出する貯金というのは微々たる額です。1回ランチをしたら1週間貯めた小銭貯金がなくなってしまったりしますよね。

そこで「節約」が重要になってくるのです。

1回のランチを我慢したら貯めたお金は無くなりません。それが節約の重要なポイント。

コツコツ貯めた貯金をなくさないようにするために支出を抑えるというのは、とても大切なことなのです。

支出を減らして貯金の意味がある

貯金は手に入れたお金の中からしかできませんので使う額が増えると貯金できる額が減ります。これは当たり前のことです。

総量が変わらないのであれば支出を減らして貯金を確保するしかありません。

私は毎月大赤字の家計だったところ家計管理に取り組んでようやく黒字化することができました。

コツコツ貯めた小銭を守るためには支出を抑えるしか方法がありません。

貯金と節約は並行しよう

頑張って貯めた貯金を守るために節約は必須です。

貯金の壁は100万円と言われていますので、まず100万円貯めるまでは節約に励むという目標を立てるのもいいのではないでしょうか。

毎日ダラダラお金を使ってしまう人の場合、逆に毎日コツコツお金を貯めることだってできるはずです。習慣を反転すればいいだけなんだもの。

貯金はいますぐに始められます!頑張ってお金を貯めてみましょう!

こんな記事も書いています

実際に自炊した節約効果を比較してみました。自炊をするか迷っている人は読んでみてね

 

浪費家は食費から節約するのがオススメです!食費は削っちゃダメ!っていうのはある程度節約している人の話。これから貯金しようと思っている人は読んでみてね