「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

貯金生活に欠かせないのは「お金の流れを把握すること」だと実感した話

家計管理を初めて1年以上が経過し、その中で赤字を出さないようにするためには支払いを滞納しないことだと痛感しています。

しばらく滞納することもなかったのですが、今回久しぶりに楽天カードの引き落としができていないと連絡が来てしまいました。

まだ次回の引き落としに間に合うので滞納にはなっていませんがギリギで危ないところでした。

今回なぜこんなことが起きたのか改めて見直してみて、お金の流れをシンプルにすることが大切だと思いましたので書いてみますね。

赤字脱出への第一歩は滞納をしないこと

水道・光熱費はもちろんのこと、通販や家賃も含めて全ての支払いを滞納しないことが一番大切です。

利子がついてしまうからという理由もありますが、それ以前に支払いの額や時期を把握していない、あるいは支払いをスムーズに行う仕組み化ができていないということだからです。

赤字家計を脱出するためにはお金の流れをしっかり把握するのが第一です。

気付いたら引き落としされていなかった理由

私の場合、15日にカードの引き落としがくが決まったら家計簿に入力し、それぞれの口座に入金しています。

家計簿
家計簿

引き落とし専用口座なので一度入金したら触ることがないので、引き落とし額が足りないなんてこともなくスムーズに支払いが終わるように仕組み化しています。

なので、引き落とし額が足りないなんてことはないはずなのでうすが…確認してみるとAmazonからデビットカードでの支払いがされている形跡がありました。

AmazonPayの引き落としに使用されているカードがなんとデビットカードになっていたのです。

面倒くさがらずにすべてハッキリさせる

今までも何度かお金が足りずに追加で入金していたことがありました。

「2日前に支払いがくが口座にあるか確認する」という方法で乗り切ってきたのですが、考えてみれば使うはずのない口座からお金が足りなくなるなんておかしな話ですよね。

その時に調べていればもっと早く発見できていたはずです。

お金の流れをシンプルにする事が大切

とはいえ、今回すぐに発見できたのはきちんと仕組みを作ってあったから。

きちんと入金しているはずの口座からお金が減っているのがおかしいと気付いたから、予想外の引き落とし先に設定されていることがわかったのですよね。

「お金が減っているのはおかしい」「お金が増えているのがおかしい」このくらいシンプルなお金の流れを作っておけば、おかしな状況にもすぐに気づくことができます。

貯金しましょう

貯金するには何をおいてもまず家計の赤字を改善することが必須。赤字を改善してからが節約本番です。

貯金の考え方はとてもシンプル。

支出を減らせばその分貯金が増えます。貯金ができないということはその分支出しているということです。

コツコツと支出を減らしていけば貯金はできるようになるはずですよ。

こんな記事も書いています

家計管理をはじめたばかりの頃のエントリー。ダラダラ払っているものが多いなと思って徹底排除しました。これから節約を始める人は読んでみてね。

 

スッキリしたお財布だとお金が貯まるって言いますよね。私のお財布の中はすごく綺麗です!お財布がごちゃついて困るよ〜という人は参考にしてみてね。