「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

断捨離が進まない時に私がやっていること

捨てたい気持ちはあるのにどうしても断捨離が進まないよ〜って言う時ありますよね。

物を捨て始めてだいぶ経つ私ですが未だに年に一度は断捨離の進まなさに悩んだりすることもあります。

今回は断捨離に行き詰まった時に私がやっている方法をまとめましたので、同じように悩んでいる方の助けになれば嬉しいです!

1. 数を決めて捨てる

50個とか100個とかちょっと多めの数を決めて、必ずその数以上に捨てることです。

私の場合50個捨てをした時には20個くらいで「もう捨てるものがないよ!」と思ったのですが、そこを乗り越えたら壁を超えたらしくその後はサクサクと捨てることができるようになりました。

[sankou id=”825″]

一度決めた数は妥協せずに捨てきるのがコツです!

2. 迷っていた物を捨ててみる

迷っていた物を思い切って全部捨ててしまうのもアリです。

だいたい捨てるかどうか迷うものって必要ない場合が多いです。なので思い切って捨ててしまうのもひとつの手。

私が今まで捨てて後悔したものは、冷蔵庫とレードルとカッターくらいでしたし、冷蔵庫以外は気軽に買えるので問題ありません!

3. 引き出しを全部捨てる

断捨離の醍醐味でもありますね〜。しばらく開けていないな、見ることが少ないなと思った引き出しや箱の中身を丸ごと全部捨てます。

1年以上触っていないところがあればそこは全部捨ててしまって大丈夫です。問題ありません。

「使うかも」と思って保管しても使ったことありませんので捨てて大丈夫です!気持ちいいですよ〜!

4. 収納場所を変えてみる

収納場所を変更してみると、いらないものがはっきりわかったりします。

引越しをするとものが少ないつもりだったのに思ったよりいらないものがあった!と言う話はよく耳にすると思うんですが、それの小規模版ですね。

収納が丸ごと開いたりするのでオススメです。

5. 引き出しをひとつにまとめる

断捨離が進んでいるおうちだと、引き出しに余裕が生まれていることも多いでしょう。

そんな場合は引き出しをひとつにまとめてしまうのも手です。

ぎゅうぎゅうに詰め込んだまま生活していると気付けばまたゆるゆるに戻っていたりします。

私はよくこの方法を使っていて、気付けばだいぶものが減ったなぁと言う感じです。

片付けられる人向け
ただしこれは片付けられる人向け。片付けられない人がこの方法をとると使いずらさからしまうのをやめてしまい、部屋が散らかる原因になってしまいますので注意が必要です!

断捨離は長期戦!

最初の数を決めて捨てる、迷っていたものを捨てる、引き出しを全部捨てるはむしゃくしゃした時に気分転換でやっていて、後半の収納場所を変えるのと引き出しをひとつにまとめるのは日常的に行っています。

これらを続けることで私はかなり物を減らすことができています!

特に引き出し全部を捨てるのはお気に入り。最高に気持ちいいですもんね。

断捨離の行き詰まりで困っている方はぜひ試してみてくださいね。

こんな記事も書いています

全ての服を一軍にしようと、断捨離した時の様子です。写真付きなので木になる人は読んでみてね

 

無印のワークショップに参加した時に服のたたみ方を教えてもらいました!