「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

未処理の書類はクリアファイルにまとめるのがコツ

書類の整理整頓や捨てる時期って本当に悩みますよね。

その中でも一番散らかりがちなのは「未処理の書類」ですよね。あとでやろうと思って”ちょっと置いといた”だけなのにいつの間にか紛失したり、期限切れになってしまったり。

そんな悩みを解決する私なりの未処理の書類の整理の方法をご紹介します。

分類してクリアファイルに入れるだけ

未処理の書類の整理はとても簡単で、分類してクリアファイルに入れるだけ。たったこれだけなんです。

クリアファイル

ただ少しコツがあって、クリアファイルが増えすぎるならば分類方法に問題があるかもしれないし、捨てるべき書類が残っているのかもしれません。

そこでまずは分類のポイントについてご紹介しますね。

【ポイント1】透明なクリアファイルを使う

透明で中が見えるクリアファイルを使いましょう。写真ではファンシーなクリアファイルを使っていますがこれはクリアファイルが足りなくて一時的に使っているだけ。

『中身が見える』というのは書類整理には大切なポイントですよ。

【ポイント2】書類の分類方法

1. 請求書・支払い用紙

支払い用紙はできれば封筒から出しておきたいですが、面倒であれば封筒に入ったままクリアファイルに挟んでも大丈夫。次にクリアファイルを手に取った時に封筒から出すようにしましょう。

2. 返送する書類・提出する書類

返送する書類や会社などに提出する書類はひとまとめにしておきます。

時間のある時にその中からできる範囲で書類を記入し、判を押し、返送用封筒に入れて糊付けして、投函します。

この作業の中で、記入が途中で止まるかもしれないし、判を後回しにするかもしれないし、後日投函するかもしれませんね。その場合はそのままこのクリアファイルに入れておきます

会社に提出するように持ち運ぶ場合は、持っていくバッグの中に入れてしまいましょう。

3. 契約書

例えば何かを弁護士に依頼したとか、税理士に依頼したとか、終わりを迎える予定のある契約書はその依頼ごとにクリアファイルにまとめておきます。賃貸の契約書もこれに含まれます。

あまりにもジャンルが多い場合はジムクリップでとめてファイルボックスに入れておきます。

【ポイント3】クリアファイルが増えすぎる人

本来、スムーズに生活していたらそんなにたくさんの「未処理」ファイルは溜まるものではありません。

それなのにたくさん未処理ファイルが出てくる場合、その書類は本当に必要なのかを精査しなおし、不要な書類の処分を行うのが先です。

もしも本当に未処理ファイルが山のようにあるのならば、上から順に処理していってとにかく数を減らしてください。

紙類の整理って難しいですよね

家の片付けをしていると難しいなと感じる部分がたくさんありますが紙類の整理は誰もが頭を悩ませるポイントだと思います。

その原因は「その書類がなんだかよくわからない」「書くのがめんどくさい」「期限とか言われるとやる気が出ない」といったところでしょうか。

やり始めたら5分で終わります。頑張りましょう!

ブログランキング参加しています!応援よろしくね☺️
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

こんな記事も書いています