「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

ガス代の節約、お湯をこまめに止めたらどのくらい効果があるの?

ガス代の節約

日々の暮らしの中で簡単にできる節約方法はいくつもありますが、最初に思いつくのは光熱費の節約ですよね。

毎日使うものだからこそ、小さな節約が効果を発揮します。

電気をこまめに消すとか、水道をこまめに止めるとか、簡単にできる節約方法です。

でも、そんな簡単な行動で、本当に節約になるのでしょうか?

今回は実際にガス代の節約に挑戦してみました!

ガス代比較の前提条件

節約の結果の前に、まずは私の環境からご説明します。

家族と住んでいる人と、一人暮らしでは大きく変わってきますので、前提条件はとっても大切。

私は1Kの一人暮らしで、3点ユニットバスなので、普段はシャワーだけ。ガスは都市ガスです。炊飯はIH一口コンロを使っています。なので、ガスを利用するのは給湯だけ。

給湯器は古くて暴走しがち。よく熱湯が出てきます。あまり燃費は良くなさそうです。

ガス代の節約方法

ガスの節約方法はとっても簡単。

  1. お湯を使っている時はこまめに水道を止める
  2. 種火をこまめに消す
  3. お湯の温度を下げる

我が家では炊飯にガスを使っていなくて給湯だけなので、純粋にお湯をこまめに止めたらどのくらい効果があるの?という結果を見ることができます。

それでは早速、どのくらい節約できたのかご紹介します!

実際のガス代の節約結果は…

ガスの節約

6月の料金が1712円でしたので、465円の節約!これはだいたい30%もダウンしたことになります!

お湯の温度は39度→37度に、こまめにお湯を止めるのは、結構忘れて半分くらいの実践でした。それでも思った以上に効果!まじめにやったら、夏場は1,000円切るかもしれません。

冬場は好き放題使って2,500円くらいなので、2,000円くらいには減らせそう。年間で考えると6,000円も節約できそうです!

終わりに

ガスの温度を下げたり、こまめに止めるとか、簡単すぎてそんなに効果ないんじゃないの~?と思っていました。

ところが、ゆるく実践しただけでも目に見えた効果が現れました!

1,200円台なんて、はじめて見た金額です。

節約ってめんどくさくて大変というイメージがあったのですが、簡単なものでもこんなに効果があるのだなぁと目が覚めた思いです!

他にも日々つい買ってしまうドリンクや、水道代、電気代など、簡単に節約できそうなものはたくさんあります。

簡単な節約、ぜひやってみてはいかがでしょうか!

合わせて読みたい