「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

家計簿をつけているのに浪費癖が直らない人がやるべきこと

家計簿で大切なこと

買い物を止めようと我慢してもつい買ってしまう。

そんな浪費癖に悩んで悩んで「浪費癖 治し方」で検索したことがあるのは私だけではないはず。

そこには「まずは家計簿をつけましょう」と書かれていませんでしたか?

ところが、私は家計簿を何年も前からつけていて、それでも浪費が全く改善しないのが悩みでした。

家計簿つけても浪費癖直らないじゃん!!と嘆いていたのですが、ようやく家計簿をつけるだけでは浪費癖は改善しないことに気づくことができました。

ではどうすれば浪費癖は改善するのでしょうか。

今回は、浪費癖を直すための家計簿のつけかたのコツをご紹介します。

家計簿の目的はお金の流れを把握すること

突然ですが、家計簿の目的って一体なんなのでしょうか。家計簿の目的は、お金の流れを知ることですよね。

家計簿の目的

いくらの収入があり、その中でどのくらいが支出として流出しているのか、そして資産・負債はどのくらいあるのかを把握するのが家計簿の目的です。

家計簿をつけても浪費癖が治らないあなたは、「毎月何にいくら使っていますか」と聞かれ、パッと答えることができるでしょうか?

もしも答えることができなければ、家計簿をつける目的を達成していないので見直す必要があるでしょう。

もう一つの家計簿の目的は記録すること

家計簿にはもう一つ目的があります。それは過去のお金の流れを記録することです。

過去の記録を見ることで、問題点を探し出し、改善策を考えることができます。

家計簿の目的

過去の記録があればファイナンシャルプランナーの力を借りて家計改善をすることも可能になります。

家計簿をつけていても浪費癖が改善しない場合、家計簿の二番目の目的である「記録すること」に気を取られ、お金の流れを把握することがおろそかになっているのだと思います。

過去の記録が活用できるのはお金の流れを把握している場合だけ。

まずは家計簿を利用してお金の流れを把握するところから始めましょう。

お金の流れを把握する方法

では実際に、どうやってお金の流れを把握していけばいいのでしょうか。

何をしても浪費癖が改善しない問題児の場合、そもそもお金の流れを把握する癖がないのでいきなり全体を把握するのは難しいのです。

そこで、費目を細かく絞り、その中の一つのお金の流れを把握するところからはじめてみましょう。

お金の流れを把握する

この図には「生活費」「娯楽」「光熱費」と書いてありますが、もっと細かいところから始めても構いません。

私の場合は、食費の中でも「外食」「お惣菜」「おやつ」「自動販売機」「コンビニ」「食材費」と細かく分けて把握しはじめました。

一度に分析するのはひとつの項目だけで十分。

息を吸うようにお金を使う人の場合、把握しなければいけないことが多すぎて大変なので、このくらい細かく分けてちょうどいいと思います。

慣れてくるころには自然と支出も減っているので費目を統合し、最終的に「食費」「日用品」「娯楽費」…といった一般的な家計簿の分類まで減らして行きましょう。

家計簿をつけながら無駄遣いを探し続ける

家計簿の項目を細かく分けた後は、ひたすら「無駄か」「必要か」で分別していきます。

たったそれだけです。

その項目で無駄がなくなったら、別の項目の無駄遣いを探します。

半年続けていくうちに、驚くほど考え方が変わっていると思います。そしてそのころには細かく分類する必要もなくなっていて、市販の家計簿でも十分なほどに改善を感じられるはずです。

さらに過去の記録の活用もできるようになっていると思います。

不思議なのですが、無駄遣いを探す作業を続けているだけで、徐々にお金の流れを把握する方法がわかってきていつの間にか自分なりのお金の把握方法が身についているのですよね。

お金と向き合う習慣をつけることでアンテナが育つのでしょう。

浪費癖を改善するための家計簿のコツとは

家計簿をつけても浪費癖を改善しなかったのは、一番大切な「お金の流れを把握する」部分が抜けていたからなのですよね。

なので浪費癖を改善するための家計簿のコツとはたった3つだけ!

  1. 把握できる小さい範囲に集中する
  2. 無駄遣いを見つけていく
  3. 半年続ける

繰り返しになりますが、「細かく分けて」「無駄遣いを探している」のを「続ける」のが必要です。

これだけ続ければ浪費癖は改善して行きますよ。

終わりに

こうして書いてみるととっても簡単なことなのですが、浪費癖が治らない人は記録だけして満足していませんか?

大切なのは「家計簿の見直し」です。

支出を記録しながら無駄遣いを探し続けるだけで、いつの間にか浪費は改善して行きます。

がんばって浪費を治しましょう!