「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

【月収15万円からの株入門】を読みました

月収15万円からの株入門

努力しても報われないことが多い世の中で、投資ほど努力に比例して成果が出るものはありません。

株が本当に好きなのだなぁと言うことが伝わってくる、とても優しくわかりやすい内容でした。

この本はファイナンシャルアカデミー講師の藤川里絵さんの著書です。

藤川さんは、生活費のためにファイナンシャルアカデミーで働きはじめ、スタッフとして聴講するうちに株に興味を持ち、講師にまでなった方。

株に対する思い入れが臨場感モリモリで伝わってくる良書だと思います。

見よう見まねでインデックス投資をしているのですが、他の投資法も基礎知識として持っておきたいなぁと思い、今回は評判のいいこちらの本を読んでみました。

四季報初心者に読んでほしい

この本は主に藤川さんが株取引を始めた経緯、四季報の味方、チャートの見方、資金についてで構成されています。

その中でも一番目を引くのは、四季報の読み方について。

藤川さんの四季報への愛が伝わってくる熱い内容でした。

四季報って分厚いし、難しそうだし、絶対読みきれる自信がない!と思っていたけれど、藤川さんのウキウキした解説を読んでいたら、1回読んでみようかな、という気持ちになってします。

基本的な読み方を大幅に超えるボリュームで藤川さんなりの四季報の楽しみ方が書いてあって、読んでいて楽しかった!

私のように四季報を敬遠している人は読んだら四季報への印象が変わると思います。

基礎だけわかりやすく書いている

本当にわかりやすい内容で、専門用語が普通に使われているのですが、全ての専門用語に注釈がつけてあります。

用語集ではなく、普通の文章の中に注釈をつけてくれているのがとてもわかりやすい。

株に興味のある人はTwitterで株クラスタの人をフォローしていると思うのですが、正直私は見ていても何を言っているのかさっぱりわかりません笑

そういう株クラの人たちが普段言っていそうな内容に注釈がつけてあるので、すんなり覚えられるのですよね。

文章自体もあまり改まった内容ではないから、頭に入ってきやすいし、藤川さん曰く「文系の女子こそ株に向いている」そうなのですが、まさに文系の女子には読みやすいんじゃないかなと思いました。

全力買いを勧めるのには反対意見

藤川さんは、本の最後の方の章で、余剰金で株式投資を行うことに対する反対意見を述べています。

銀行に預けているのも、証券会社に預けているのも同じなのだから、全てを増やすためのお金にしましょう。無くしていいお金だと思っていたら、株選びが適当になってしまう、と言う意見。

確かに一理あると思うのですが、これは初心者には当てはまらないよなぁと言うのが私の考えです。

藤川さんだって、最初は100万円を”恐る恐る”資金とし、20万円分の株を買っています。

全力買いをすればいいと言えるのは、7年間の経験を積み、総合的な黒字を出し続けられているからこそだと思うのです。

私はやはり山崎元さんの提唱する「生活防衛資金」は大切だと思うので、ここには同意できなかったし、もしこのレビューを読んでいる初心者の方がいれば、鵜呑みにしないで欲しいなと思う部分なのでした。

まとめ

今回は、評判のいい本だったので読んでみました。

一応、基礎知識くらいは持っておくか…くらいの感じで読んでみたのですが、基礎知識というよりリアルな現場感の強い内容で、読んでみてよかったです。

藤川さんは、FXや不動産投資も経験した上で株式投資が一番好きらしく、その経験の感想も書いてくれていました。

他の投資方法の感想が読めるのって、なかなか珍しいんじゃないかなって思います。

ちょっと興味あるんだよね、くらいの人にはちょうどいいと思います。読んでみてよかったです!