「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

Macbookを掃除する方法

私の愛用しているMacbookちゃんが汚れてきたので掃除しました。今日は私なりの掃除方法をご紹介します!

用意するもの

用意するものはたった3つです。

除電ブラシ

除電ブラシ

精密機械のホコリを取る専用のブラシです。静電気で張り付いたホコリが取れるので便利。

精製水

精製水

普通の精製水です。水道水には余計な成分が入っているので、念のため精製水を使います。

キムワイプ

キムワイプ

精密機械の掃除に使われるクロスです。水で濡らしても破れないので便利。

掃除の手順

シャットダウンしてから作業を始めてくださいね。

1. ホコリを取る

ホコリを取る

除電ブラシのふわふわした方を使って、キーボードやモニタのホコリを取り除きます。

隙間のホコリも取る

次に、後ろの小さいブラシを使って隙間のホコリを掻き出します。

2. 水拭きする

精製水でキムワイプを濡らします

キムワイプを4つ折りにし、精製水で濡らします。あんまりびしょびしょになりすぎないように注意。

水拭きする

キーボードもモニタも水拭きします。(不安な方はモニタは乾拭きだけでも良いです)

3. 乾拭きする

乾拭きする

汚れが落ちたら次は乾拭きします。

4. ボディも拭く

ボディも綺麗にします

ボディも同じように、水拭きしてから乾拭きをして綺麗にしましょう。

掃除した結果

モニタはご覧の通り。どんだけ放置してたんだっていう汚れっぷりでしたが綺麗になりました。

キーボードも油汚れでテッカテカでしたが綺麗になりましたよ。押しごこちまで違う感じがします。

Macはアルコール除菌しないように

アルコール除菌のウエットティッシュで拭くとアルミがハゲてきてしまうのでMacbookの掃除ってちょっと面倒なんですよね〜。

でもこの3つのアイテムがあれば安心して綺麗にすることができますよ。特にキムワイプ!Macがおうちにある人には必需品なのではないでしょうか。

綺麗なMacbookで快適に過ごしましょう〜!

今回使ったアイテム