支出専用の銀行口座を作ったら72,000円も節約できた

節約を頑張っている皆さん、「お金の流れを図にしてみてください。」と突然言われた時、すぐに図を書くことができますか?

ここで図が書けなかったり、複雑すぎて時間がかかってしまうようならば要注意!お金の流れを把握できていないと、どこを節約したらいいのかもわからなくて、うまく節約できていない可能性があります。

最近はキャッスレス化も進んでちょっと複雑になっていますので、スッキリ整理してお金の流れを把握しましょう!

お金の流れを図にしてみよう

それでは、さっそくお金の流れを実際にずにしてみてください。

今回私は、支出に絞って図を書いてみました。

ゆうちょ銀行をベースにして矢印の方向が一方を向いているのがわかるでしょうか。私が気を付けているのはすべての支出のスタートをゆうちょ銀行にすることです。

一見複雑に見えますがゆうちょ銀行→支出の間に、お得になったり便利になるキャッシュレスを挟んでいるだけなので、実は単純です。

基本の口座の数は3つが理想的

私が使っている基本の銀行口座は2つです。支払い用の口座、貯金用の口座だけ。実際は給与の振り込み口座が限定されているため、みずほ銀行を使っていたり、自動入金&振り込みをするために住信SBI銀行も使っています。

自動引き落としと普段使い用の講座が同じだと使い込んでしまう可能性もあり少し不安なので本当は分けたいと考えていて、どこにするかを現在検討中です。

最終的には自動引き落とし用の口座を分けて、支払いの口座、貯金の口座、自動引き落としの口座の3つにしたいと考えています。

図を書くことが大切!

お金の流れがもっとしっちゃかめっちゃか大混乱していた時期から私は何度もこの図を書いてきました。

はじめの頃はあちこちにお金が入り、あちこちの口座から出金していたので、まずは不要な銀行口座をすべて解約して本当に使う口座だけに絞りました。

シンプルになること、矢印の方向が一方に向かうことを重視してあれこれやって今はこの図にたどり着いたという感じ。

こうやって図を書いて何度も考えるということが、お金と真剣に向き合うことになるので少しずつ節約マインドになっていくのです。

支出専用の口座を作ったら72,000円も節約できた!?

支出の口座が限定されると「いつの間にか引き落とされていた」ものによく気付くようになります。支出しかないからぱっと見ておかしな支出があればすぐに気付くのです。

今まではクレジットカードも使い、デビットカードも使い、銀行からチマチマ引き出して・・とやっていて一ヶ月の明細の数も多かったし把握できませんでしたが、月の初めに予算の4万円をKyashに、1万円をPayPayに入金するので明細の数がぐんと減りました。

さらに銀行口座を減らす過程でも明細をチェックして支払いを整理したため、結果的に月6,000円以上のサブスクリプションの解約をすることができました。

使っていないから契約していたことも忘れていたものがたくさんあったのです。

騙されたと思って口座を減らしてみてほしい

銀行口座の数を減らすと家計管理のやりやすさが驚くほど変わります。お金の流れの図が書けなかった人は、ぜひ銀行口座の整理をしてみてください。

そして図にしたときにシンプルでわかりやすいお金の流れを作っておくと、今後の節約生活の役に立ちますよ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事