「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

早起きのコツはたった2つだけ!

「早起きしたい」は世界共通の永遠のテーマですよね。

Twitterでも朝活が人気で朝活ブロガーなんてものもあるようです。

実際に私が早起きするようになり、結局のところ早起きするためのコツはたった2つしかないのだという結論に達しました。

だからそれができないんだってば!と怒られそうな内容になってしまいますが、でも結論、これなんです。これしかありません。

早起きしたくて悩んでいる方は騙されたと思って実行してみてください!

早起きのコツその1「早く寝る」

早起きのコツはこのひとつだけと言ってもいいほどの答えです。早起きしたいなら早く寝るのが一番。

「でも眠れないんだってば」と思っていることでしょう。

でも「死ぬ気で寝る」「何があっても寝る」「たとえ作業の途中でも時間になったら寝る」「寝るのが何より最優先」このくらいの心づもりで寝るのが早起きのコツなのです。

ただ漫然と早く寝ろと言っているのではなく、早起きするために早く寝ろと言っているのです。

早起きしたいのであれば早く寝ましょう。

スマホは枕元に置かず、眠れなくてもスマホで遊ばないように。寝られなくてスマホを触るのが一番の早起きの敵なのです。

早起きのコツその2「酒を飲まない」

100日以上の断酒経験のある方ならわかっていただけるはず。お酒を飲まない生活を続けているとものすごく睡眠の質が向上します

1週間や2週間ではあまり断酒の効果は得られないと感じています。

私も300日を超える断酒を経験し、お酒の睡眠への影響が大きかったことを知って驚いています。

おそらくそれができれば苦労しないと思う方も多いでしょう。

けれど、早起きしたいのであればお酒をやめてみてはいかがでしょうか。早起きよりもお酒が大切ならば、やめる必要はありませんが。

早起きのコツは2つしかないんです

早起きのコツはこの2つしかないと思っています。究極の早起き方法だと思います。

それでもできない!という方は、本当に死ぬ気で22時に寝て、100日以上の断酒をしてみたのでしょうか。

実際にやってみればわかります。

お酒を飲まずに早く寝たら確実に早く起きられるのです。

色々試した結果の究極の方法です

私も早起きしようとありとあらゆる方法を試してきました。枕を変えたり、ベッドを変えたり、パジャマを揃えたり。

けれど、断酒と早寝に勝る効果のあるものは存在しませんでした。お酒飲まずに早寝したら、いやでも起きてしまうのです。

気持ちも明るくなるし、やる気は思ったほどでないけどいつも頭がはっきりしていて生活がしやすくなりました。

何が何でも早起きしたい人には一度試していただきたいなと思います。

こんな記事も書いています

実際に早寝早起きするようになってまるで世界が変わったような気持ちになりました。

  

まだこの記事の結論に至れず、色々試していた時に書いた記事です。断酒と早寝をしたくない方はこちらの記事が参考になりますよ。