「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

たんぱく質が多いコスパのいい食品をご紹介します!

タンパク質のコスパ調べてみた

ダイエットや筋トレに欠かせないたんぱく質。

通常の人は体重×1.5倍g、運動量の多い人で体重×2倍gのたんぱく質が必要だと言われています。

たんぱく質といえば鶏むね肉やプロテインです。もっともコスパのいいたんぱく質が多く含まれる食材は何か調査してみました!

たんぱく質1gあたりの価格

たんぱく質1gあたりの値段で調べてみました。

タンパク質
1gの値段
備考
鶏ムネ(皮なし)2.182kg950円、皮180gを除いて計算
極小粒ミニ32.853個73円
卵Mサイズ3.1310個198円
ザバス ソイ ココア4.93Amazon参照
豆乳キッコーマン5.796L1,356円
おいしい牛乳6.261L213円
麦芽コーヒーキッコーマン8.376L1,356円
はごろもシーチキン Lフレーク9.391kg1620円
ウイダーinバー ベイクドチョコ14.141本141円
したらば(セブンイレブン)14.591本108円

すべてうちのご近所価格、Amazon価格で計算しています。

鶏むね、納豆は業務スーパー、卵はライフですがたまにドン・キホーテで100円で買えるので、その時は卵のコスパが1番になりますね。

コスパ優勝は鶏むね肉

鶏むね肉100gには約24gのたんぱく質が含まれます。低脂質・低価格・高たんぱくで優秀ですね!

筋トレ=鶏むね肉というイメージがついてしまうのも納得の優秀食材です。

やはり総合優勝はプロテインか

今回はザバスのソイプロテインで比較しましたが、ザバスはプロテインの中でも高価格帯のもの。iHarbなどで輸入するともっと低価格で高たんぱくのプロテインが手に入ります。

プロテインはたんぱく質のほかにも筋肉育成に必要なビタミンB群やビタミンCが配合されていて、優秀なサプリのようなもの。

1回スプーン1杯の粉を牛乳や豆乳で溶いて飲むだけでとても手軽に摂取できます。

プロテインってコスパいいんですね

プロテインって高いイメージがあったけれど、予想外にコスパが高いことがわかり驚いています。

以前ダイエットをしていた時にプロテインを飲んでいましたがどうしても慣れることができず1㎏を飲み切ることができませんでした。

私のようにプロテインが苦手なひとはオブラートに包んで飲むといいそうです。

しかしそこまでして飲みたくない!ということで今回たんぱく質のコスパを調べてみたんですが、たんぱく質の含有量を考えるとプロテイン最強と言わざるを得ないですね。

こんな記事も書いています

ウインナーのコスパを調べてみましたよ!ウインナーって肉だけど、ほぼ脂質なんですよね。

 

お弁当を自作したらどのくらい節約になるか調べてみました。