「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

ティファールの鍋とIHコンロで美味しいご飯を炊く方法

炊飯器って邪魔だなぁと思ったことはありませんか?

湯気も出るし、一人暮らしだと置き場所に困ってしまうアイテムなのですよね。

私は電気の炊飯器を持っていなくて、電子レンジ用の炊飯器を使っていました。

けれど今回その電子レンジ用の炊飯器も断捨離して鍋でお米を炊くことにしました。

実際にやってみたら、思った以上に簡単でおいしく炊けたので、炊き方をご紹介します。

今回手放した電子レンジ炊飯器

私が使っていたのは「ちびくろちゃん」という電子レンジ専用の炊飯器です。

見た目はおもちゃみたいなんですが、しっかり浸水させれば美味しいご飯がしっかり炊ける優れもの。

私が一番気に入ってたのは何と言ってもプラスチック製ならではの軽さと、コンパクトで収納がしやすいところです。

実際に鍋で米を炊いてみました

ご飯の炊き方は、結構簡単。

鍋で米を炊くといえば圧力鍋や土鍋をイメージしていましたが、家にある普通のお鍋でも炊けそうだったので、家にあるお鍋を使って炊いて見ることにしました。

使ったのは、ティファールの18cmのソースパンと、パナソニックの一口IHコンロです。

さっそく手順をご紹介します。

1.お米を研ぎます

お米3合に対して650mlのお水でちょうどよく炊けます。(冷凍保存用)
冷凍保存しない場合はもう少し少なめでもいいかもしれません。

2.30分〜1時間、水に浸けます

お米が白く大きくなったのがわかりますか?白くなっていれば浸水完了です。

ここまではいつもの手順。

3.鍋に米と水を入れ中火で10分煮ます

このコンロだと、5の強さで加熱しました。グツグツ音がするまで10分かかる火力が理想なのだそうです。

4.グツグツ音がしたら弱火にします

音がしたら弱火にしてさらに10分加熱します。わたしの環境では3の強さで加熱しました。

5.10分たったら火を止めて蒸らします

軽くほぐしたら、濡れ布巾の上で10分ほど蒸らします。

6.完成!

お水の量と浸水時間をしっかり取ると、美味しいご飯に仕上がります。

結論

電気の炊飯器はかさばるけれど楽、鍋とレンジだとかかる時間は同じだけれど、鍋だと火力調整の一手間が多くかかります。

けれど、たった一手間でものが一つ手放せるのならば、お鍋で炊くので十分かなと私は思いました!

今回使ったアイテム

この卓上コンロは実際に私が使用しているものです。タイマー機能があり、普段の炊飯には十分な火力です。

私は火力と静音性で比較して選んだ商品なので、一人暮らしでどれを買おうか迷ってる方にも、冬のお鍋用のサブのコンロを探している方にもお勧めします。

 

お鍋はティファールを使用しています。取っ手がないので収納がスッキリできるのが本当に素敵!

一人分のパスタを茹でるのにもちょうどいいサイズなので、これから一人暮らしをする人で、資金に余裕がある場合はティファールの6点セット、お勧めです。

まとめ

今回は電子レンジ炊飯器を捨てて鍋でご飯を炊いてみましたが、思ったより簡単でした!

ほぼ放置で炊けるのでズボラでめんどくさがりの私でも炊飯器となんら変わらない手間でご飯を炊くことができました。

鍋でお米炊くのって実はそんなにハードル高くないようです!なので捨てるか迷っている人はぜひ試してみてくださいね!