「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

脱いだ部屋着の一時置き場をどうするか問題を解決してみた

パジャマや部屋着など、すぐにまた着る服の置き場所って困りますよね。

特に冬場はパジャマの上にモコモコカーデや着る毛布、ブランケットを羽織るのでかさばってしまいます。

ソファやベッドの上に無造作に置いていたのですがそれだと見栄えが良くなくて困っていました。

仕事で疲れているのにごちゃっとした部屋はイヤ…綺麗な部屋に帰宅したい!と思い頭を悩ませていたましたがベッド下に収納することで解決しましたのでご紹介します。

冬場はかさばる部屋着

冬の部屋着ってモコモコしているし、起きてる間は着るパジャマを着ていたり、ブランケットを羽織っていたりで結構かさばるんですよね。

綺麗に畳んでおけば多少はいいかもしれませんが、朝ばたついていると無造作に脱ぎっぱなしにしてしまうこともしばしば。

無造作に部屋着を置いてしまう。

部屋を綺麗にしていても、脱ぎ散らかした服があるだけですごく散らかっているように見えてしまうのでなんとか解決したいと思っていました。

そこで思いついたのは、問題は<ごちゃついて見えること>なので隠してしまえばいいじゃないかということ。

クローゼットに入れるとクローゼットがごちゃついて困っていたので他に収納がないか考えて、ベッドの下に収納することにしました。

禁断の「収納を増やす」で対応

ミニマリストにとって「収納を増やす」のはご法度です。収納増やさずものを捨てるのが鉄則なのですよね。

でも今回は買っちゃいました!

ポリプロピレン収納ケース

無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」です。990円を無印週間の10%オフで購入できました。

脱いだ服はケースに入れちゃう

衣装ケースに脱ぎ散らかすといい感じ

朝起きて着替える時、寝る前にカーデを脱いだ時、この収納ケースにポイポイと入れると思った以上にいい感じでした!

脱ぐのは大体ベッドの付近なのでベッド下に置くのは今までの動線と変わらないし、適当に突っ込んでも見えないのでお部屋がスッキリして快適です。

(着る毛布はかさばり過ぎてはいりませんでした…とほほ)

収納ケースでスッキリ

服が目につかないだけでかなりストレスが軽減!やはり隠す収納はシンプルライフの鉄則なのですね。

必要ならば収納を増やすのもアリ

生活がしやすくなるのであれば収納を増やすのもありだなと思います。

今回の場合は増えたものを増やすための収納ではなく、散らかったものを見えなくするための収納なので意味合いが違いますもんね。

小さいサイズの方が捨てやすいかと思いこちらにしましたが、着る毛布が入らなかったから普通のベッド下にぴったりな大きめサイズにすればよかったかな、とちょっと失敗したなと思っています。

部屋がスッキリしているだけでストレスがなくなり超快適!一時服置き場に困っている人は、衣装ケースに隠しちゃうのもアリかもですね!

こんな記事も書いています

ちょっとコンビニまで行くのに着た服とか外に行く服でまた着る服をどうするか問題について書いた記事です。私は全部ハンガーにかけてます!困ってる人は読んでみてね

 

彼氏が欲しくて100個捨てに挑戦しました。