「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

自炊はどのくらい節約効果があるのか実践してみた結果は…?

自炊の節約効果

ほぼ外食とテイクアウトで暮らしていた私ですが自炊の節約効果に気付き、実際に1ヶ月自炊で生活してみました。

そしたら思った通りの節約効果がありました!

食費2万円以内なんて絶対無理!と思っていたけれど、自炊をして無駄な食べ物を買わなければたまに豪華な外食をしても2万円で暮らせそうです。

それではさっそく自炊の効果についてご報告します!

ゆるい自炊でも1万円の節約!

2ヶ月の比較
2ヶ月の比較

自炊していない月と自炊した月の食費の家計簿です。

おやつやカフェなど食事に関係のない食費は抜いてまとめたものを比較してみました。(2019年1月の分は調味料を別計算にしているので適当なところに突っ込みました。)

ご覧の通り買い物している点数はほぼ変わりなしなのに、なんと1万円の節約に成功しています!

節約レシピばかり作っていたわけではなく普通に自炊して、他におやつを食べたり、ランチに追加の1品を購入したりとゆるい自炊でしたがこの効果。素晴らしい!

逆に手抜き料理しか作ってないから安く済んだ可能性はありますね。

ゆるい自炊でも食費2万円を実現

食費
食費全体

全体の食費で見ると15,000円減で2万円一歩手前まで減らすことができました!

自炊の他に缶コーヒーやおやつをやめた分が5,000円浮いたみたいです。

自炊してよかったこと

自炊してよかったことは節約効果があったこと!これに尽きる。

作り置きのため買い物をしなくていいのでさっさと家に帰るため、会社帰りに無駄遣いする癖がなくなりました。さっさと家に帰るので自由な時間も増えました!

作り置きの効果がだいぶ大きい。

家でご飯を食べ続けているうちに外食しない習慣が身についていくのが自分でもわかってその感覚が新鮮で楽しかったです。

自炊のデメリット

自炊を始めてから引きこもるようになったし間食が増えてしまいました。

自炊で栄養が足りず「食べ足りない」と感じでしまう問題と、家に食べ物があるので気軽に食べてしまうのが原因だと思います。

「家に食材を置かない」がダイエットの基本で最も効果があるのですが、朝食用のパンがめっちゃ気軽に食べられるのでついつい食べてしまうんですよね。

また外食しない習慣が身についた弊害で、私の中で「外出する=支出が増える」という認識が出来上がってしまったらしく、家から一歩も出なくなってしまいました。

節約のために健康を損ねるのは避けたいのでよくない傾向ですね。

自炊を続けるためにしたこと

自炊を続けるため、今回は「栄養度外視」と「作り置き」をしました。

お弁当と晩ごはんは3日分を作り置き。金曜日はランチミーティングなので買うことにしました。

栄養は追々サプリで取ればいいやと諦め、さらに食べ足りない時も家にあるものならなんでも食べてよしというルール。

慣れてきたら栄養バランスも整えていきたいです。

自炊の節約効果凄まじい

ゆるく自炊を始めただけで1万円もの節約効果がありました。ついでに買い物する習慣もなくなっていいことばかり。

作り置きも慣れてしまえば手間じゃないし、思ったよりハードル低いなと感じています。

食費を減らせず困っている方はぜひ自炊を始めてみてはいかがでしょうか。

こんな記事も書いています

お弁当の節約効果を調べてみました。

 

コスパ最強のウインナーを調べてみました。