「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

貯金ができない理由と対処方法

家計問題児のにゃこです。こんにちは。

貯金したいのに貯金できない。お金のことといえば思考停止してしまい、何も考えられなかった状況から抜け出せつつあると感じたので、ここまで来るまでに効果的だった方法をご紹介します。

頑張ってる割には効果が出ない、そんな方に読んで欲しいです。

思考停止する理由

そんなのは「見たくないから」に決まってますーという声が聞こえてきそうですが、本当に見たくないからなかったことにするために思考停止しちゃうんだと思います。

なので、思考停止から抜け出すためには、見なくてはいけない状況に自分を追い込むしかない。

貯金をしようと試行錯誤している間はそんなこと意識していませんでしたが、今振り返ると現実を見なくてはいけないように動いていたなぁと思います。

貯金する目的を作る

よく「貯金する目的を作るのが大事」と言いますが、貯金する目的を作るのは本当に大事です。

私の場合は目的が妄想だったので、妄想が目的でも問題ないみたい。好きな人が貧乏だから、それを支えなくちゃ!という一心で家計管理に乗り出しました。

目的はなんだっていいのです。

未来をゴールにする

その行動、思考は未来に繋がってますか?

今と1年前を比べた時の大きな違いは、「今」を見ているか「未来」を見ているかです。

家計が赤字になっても「今乗り切ればいいや」「ボーナスで補填しよう」という考えでずっといたのですが、もうそんな考え方していません。

買い物をするときも「これ買って未来役にたつの?今満足するだけじゃないの?」という視点で考えるようになったら、服やコスメなどの買い物がなくなりました。

数字で見える結果を出す

頑張ってる割には数字に全く効果が現れず、悩んだ結果たどり着いた結論でした。

私は結果が出したいのであって頑張りたいわけではないのです。

数字で結果が出ていないということは、その頑張りは無駄なのではないか。そう思い、数字での結果を意識し始めたら、結果が現れ始めました。

数字での結果に執着するのは大事なことのようです。

投資をする

少額でも投資をしたら、お金が増えます。お金が増えるという感覚を実際に知ると、少しでも投資に回そうという気持ちになりました。

お金というのはお給料をもらい、その範囲でやりくりするものだという認識が崩れたのです。意識改革になると思いました。

知識の上で複利を学んでもピンとこなかったけれど、少額を投資信託に積み立てて、毎日見ていたら、数円ですがお金が増えました。その経験が家計管理に本気を出すいいきっかけになったのでした。

知識だけでなく、実践が大切なのだと思います。

まとめ

実際に効果があったと思う方法をご紹介してみました。

できればふわっと実践するのではなく、Twitterに書く、日記に書くなどして目に見える形でやっていただけると効果が高いかなと思います。

[last_text]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。