浪費体質を治すコツは思考の癖にあった!

にゃこです。こんにちは。

わたしは今日、仕事に飽きてしまって10月からの食費を表にして眺めていました。そして思考の癖を変えたら浪費体質は改善するのだというすごい発見をしました!!!

これがその食費の表なのですが、全く改善が見られなくてすごい。だいたい月3万以内だろうと思っていたのに、予想に反して3.5万〜6万も使っていました。毎日家計簿をつけていて、毎週しっかり見直しているのに全く把握できていないという現状。逆にすごい。

ほぼ自炊なのに、5万も一体何食べてるんだ?と思って思い出そうとしたけれど全く思い出せず、実際の家計簿を見ていてやっと食費も特別扱いで見て見ぬ振りをする癖がついていたということに気付きました。

3ヶ月目あたりでも同じような出来事があり、本来は予算として組み込まなければいけない出費を特別扱いしてなかったこととしていたので「よくわからない出費」が多くなっていたことに気づいたんですが、実は食費でも同じことをしていたのですね〜。

要は「自分の都合のいいところしかみてない」ということなのですね。残念な脳みそだ…。

なんで思考の癖だと思ったのか

そもそもどうしてこんなことに?どうやったら改善するのだ?と、スルーしているときの自分の状態をよく思い出してみると、とりあえずやり過ごそうモードになっていたのでした。

これって、昨日書いた1ヶ月の支出の表を見ているときや、お金がないのに服を買っている時などの頭真っ白!とにかくやり過ごそう!と「思考を停止させている時」と全く同じなんですよね。これは完全に思考の癖、習慣なのですよ。

ネガティブ思考も思考の習慣だというし、思考のくせを無理やり変えることでわたしはポジティブに考える習慣がつきました。ということは、支出を見て見ぬ振りする思考停止状態も、無理やり変えてやれば、事実として受け止める習慣がつくはずです。

今までの改善策は間違えていた

支出を抑えるためにわたしがしてきたことといえば、買うのを我慢するとか、店に行かないようにするとか、そういう小手先のことばかりでした。けれど、本当に直すべきは思考の癖だったのです。まずは行動から、というのは惜しかった。行動の習慣が変わるアプローチではなく、思考の習慣が変わるアプローチをしないと、効果は薄かったのですね。

全部仮説なんですけども(笑)

思考の癖を変える方法

最近「あした買おう」とか「今必要ないからいいや」と、小さくつぶやいて買うのをやめる機会が増えてきていました。声に出してから行動する、というのは習慣を変える時の効果的な方法です。禁煙した時もネガティブを辞めた時もやってました。しかもこの場合「いまは必要ないから」と、考え方にアプローチする内容を呟いているので、思考の習慣を変えるのにピッタリです。

習慣は3ヶ月あれば変わります。ネガティブも3ヶ月で変わりました。なので思考停止させて買いたくないものを買う習慣も、3ヶ月後には無くなっているはず。

結果が楽しみだな〜!

まとめ

ということで、今日はわたし的大発見をしたのでウキウキしてます!
ほんっとになんで全然家計が改善しないのか、わかりました。見て見ぬ振りしてたからだった(笑)

家計問題児も極めるとこうなるのか、と自分でも驚いてますが、少し改善の道筋が見えたので、引き続き頑張ります!

ここまで読んでいただきありがとうございました❤

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事