引きこもりがウーバー配達員をはじめました!準備したこと

ウーバーウォークを始めてみたものの、あまりにも鳴らないので思い切って自転車で配達してみることにしました。

引きこもって2年、さらに高校生の時に事故にあって以来、自転車には乗っていないという状態で、果たしてウーバー配達員は務まるのでしょうか!!?

ウーバー配達員(自転車)、できるかできないかで言えば…

結論から言うと、できました!

自転車はレンタルバイクを使用。事前に2回ほど自転車に乗る練習をしましたよ。

1回目は10分の距離をハローサイクリングで。2回目は5kmほどをドコモのバイクシェアで移動してみました。

運転技術は怪しかったけど乗れたので、思い切って明るくて人が少なそうな時間に試してみたら、意外とうまくいきました。

暗くなって疲れてきたところで壁に激突して負傷したので、疲れてきたらやめたほうがいいなと思いました。

配達に使う自転車

ドコモのバイクシェアは最初の30分が165円で、それ以降は110円です。それと、登録したエリアでしか使うことができません。(乗るだけならいいけれども、返却場所が限られる)

一方、ハローサイクリングは、都内だったらどこでもレンタル・返却ができるのが便利。金額は15分70円で、上限は1,000円です。

ドコモのバイクシェア

台数がめちゃくちゃ多い印象。なので、電池が残ってるバイクも意外とあって借りやすい感じですね。ただ、新宿の中心部では乗れる自転車がほとんどないようです。

練習で新宿に行った時、止めた途端に「電池残ってますか?」って声かけられましたもん。ただ端っこの方とか、大きめの公園には10台以上あって借りやすそうです。

低いフレームの自転車があるので低身長な人はドコモ一択でしょう。私は身長145cmなので普通のフレームだとジャンプして乗り降りしないといけなくて、配達には不向きです。あと人混みで足がつけないので非常に危険!

自転車のメンテナンスが甘いような気がします。ブレーキの効きが悪い、空気が少ない、錆びてたり、カゴやフレームが破損している、サドルが調整できないなどなど。事前に確認してから乗った方が良いです。これは絶対。

金額の上限がないけれど、満タンの電池を探すのはちょっと難しかったりもするので、電池切れで交換することを考えたらドコモの方が良さそうな気がします。

ハローサイクリング

広域なのがかなり魅力的。遠くに移動してもその場で返して別の交通機関で帰ってこられるので、どこでも返せるっていうのは本当助かります。

綺麗な自転車が多い印象です。そんなに台数見てないので言い切ることはできないけれども、他の口コミでもメンテナンスがしっかりしていると言われているようです。

使用料金が1,000円上限なのは嬉しいですよね。

スポットは多いんですが、台数が少ないです。いつも乗ろうと思うとすでに全部レンタル中になっちゃってなかなかありつけません。比較的台数の多い場所でも電池切れのまま置いておかれてるパターンが多いみたいだし、充電されたと思えばあっという間に借りられちゃいます。

電池ぎれでの乗り換えを考えるとちょっと厳しいですね。

料金

料金はそれなりにかかります。4時間稼働して約1,100円。稼ぎは約4,000円だったから痛い。本格的にやっていくなら、購入も視野に入れた方がいいかなあって思います。私は絶対電動自転車がいいんだけど、安いロードバイクでいいのならば買った方がお得っぽい。

使用料金は5時間乗ってドコモの方で1,450円。私は体型の関係でドコモしか選べないんだけど、なんでも乗れる人はハローサイクリングにした方が安く済むと思います。ドコモでも1日乗車が1,650円で買えるので、6時間以上乗る人は1日乗車券を買った方が安いです。

バッテリー

フルの状態から5時間乗って、50%という感じでした。30%から乗ると4時間乗れない感じです。なのでできるだけフルなのを選べたらいいですよね。

デリバリーバッグの中身

ウォークの時は中身空っぽのまま突っ込んでも全然問題なかったんですけど、自転車の縦揺れが気になって調べたら、みんなめちゃくちゃ改造して使ってるようです。びっくりしました。

そこで私も調べて使いやすくアレンジしてみました。

バッグの中身公開

バッグの中はマクドナルドに最適化してあります。

このバッグは最初から上下二段にする仕切り付きでした。

それを背面に立てかけて収納。その手前のジップロック的なものの中には、配達の時に地面に敷く用のキッチンペーパーが入ってます。

人生初デリバリーがWoltで、すごい綺麗な状態で配達されて、地面にはキッチンペーパーが敷いてあったんですよね。それで感動しちゃって、その人を見習って紙を敷くようにしています。

そしてこれらの上にサバイバルシートで詰め物をして、がっちり抑えて運んでいます。

空っぽの状態はこんな感じ。上側が背面です。

左側にダイソーの保温バッグを入れて、その中に入ってるのはサバイバルシート。

右側は衝撃を吸収してくれないかな〜という淡い期待を込めて、サバイバルシートを筒状にしたものを下に敷いています。白いのはクルクルと巻いたキッチンタオルです。

右側にはドリンクを入れるんだけど、1個で隙間が開いちゃう時にキッチンペーパーを詰めて抑えてます。これはこぼれた時にも役立つかなと思ってキッチンペーパーにしました。

入らない時は全部取り外して入れます。

このほかに洗濯バサミも用意してあります。

配達の時の装備や服装

普段運動しない人は運動できる服を持ってないって人も多いんじゃないでしょうか。

私はランナーなので持ってはいるものの、いかにもランナーですって感じなので配達する時に着る勇気がない…。そこでちょっとだけレギンスやスキニーを買い足しました。

服装

周りを見てると、ジムウエアっぽいジャージや、タイツとウインドブレーカーなど、人それぞれ。

私はレギンスとTシャツ、ユニクロのポケッタブルパーカーでやってます。

でも自転車漕ぐ時にやりにくいので、スポーツタイツを買おうかなあと検討しているところ。冬になったらヒートテックのタイツが発売されるからそれを買うのもいいかなと思ってます。

靴はたまたま持っていたトライアスロン用のシューズです。階段登ったり自転車乗ったりする配達員にはちょうどいいんじゃないでしょうか。

びっくりするくらい軽いし、着脱しやすいようにデフォルトがゴム紐になってるのでこれから買う人にはおすすめ。フルマラソンも走れますよ!

モバイルバッテリー

元々持っていたモバイルバッテリーをそのまま使用。容量は忘れちゃったけど5時間の稼働なら1個で間に合うみたい。まあいざとなれば充電器のレンタルもありますのでなんとかなるでしょう。

イヤホン

Bluetoothのイヤホンを購入しました。ちょっとびっくりするくらい満足しています。

常に右耳にだけつけて活動しているんですが一度も落ちたことがありません。それに音も綺麗。道案内の音声を聞く分にはバッチリです。

デリバリーバッグ

公式のウバッグが高騰していたので代わりに小さめっぽいものを買いました。すごい軽いです。今のところ入らない商品に当たったことがないので十分です。

上下に仕切る仕切りと、サバイバルシートが1個ついています。

サコッシュ

貴重品を入れて肌身離さず持っています。それと、充電しながら活動するときにモバイルバッテリーを入れて、1mのコードで充電すると行動の邪魔にならなくて便利。

私はDAISOで買ったポシェットを使ってるんですが、ちょっと邪魔なのでこれから買い直します。

スマホアームバンド

スマホを腕に装着するアームバンドを買いました。自転車に固定してる人も多いですけど、私はレンタルバイクを利用するしつけ外しも面倒かなと思ったのでアームバンドにしました。

今のところ特に問題ありません。

終わりに

これで初日の感想は終わり。

もうしばらく続けてみて、思うところあれば書き足します。

ウーバー配達員、始めるのは意外と簡単だし、バッグ代くらいならすぐに元が取れますので気になってる人はやってみてね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事

自動更新のテスト