「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

脱いだ服をどこに置く?ズボラ向け収納術!

脱いだ服置き場をどうするか、ようやく結論が出たにゃこです。こんにちは。

みなさんはすぐには洗濯しない服の置き場所に困ったことはありませんか?

私はずっと困っていました。置き場所が決まっていないと、椅子にかけたり、丸めて置いたりして散らかる原因になるのでものすごくイライラします。

みんながどうやってしまっているのか調べたり試したりした結果、ようやく結論が出たのでご紹介します!

みんなの脱いだ服置き場を調べてみた

脱いだ服をどこに置いているのか調べてみると、圧倒的にカゴに入れている人が多い様子。無印のラタンバスケットやワイヤーバスケットが人気のようですね。

けれどすでに何度もカゴ系は試して失敗しているので、今回はかご系はナシということに。

ほかに方法はないかなと考えて、無印良品のワークショップに参加したときに教えてもらった方法を試してみる事にしました。

脱いだ服を畳んで置いてみた結果

無印良品のワークショップで教えてもらった方法は、棚の一部に「一時置き場」を用意して、そこに畳んで置くというもの。

 

簡単に畳むだけなら私にもできそうだったし、ちょうど棚に空きがあったので早速試してみる事にしました。

その結果…

棚から溢れすぎだし、畳めてないし、そこを起点に散らかり放題で全然ダメです。

ミニマリストを名乗っていても、さすが元・片付けられない女はすぐに散らかしてしまいますね。

ズボラは手順が多いとダメ

まず私はすごくズボラなのですが、畳んで重ねていると、下のものを取るときに全部崩してしまいます。そして崩れたものを畳み直す気力はない。

疲れているときは畳む気力すらない。

服を丸めておいてしまい、次の服を丸まっているところに重ねるわけにもいかないので、隣におきます。そうすると、服の団子がたくさんできてしまうのですね。

脱いだ服を畳んで置いておく、というのはズボラには非常に不向きな方法なのでした。

結論、脱いだ服はハンガーにかける事にしました

どんどん散らかっていくクローゼットに嫌気がさしてきた私は、ああもうめんどくさいな。と、全部ハンガーにかける事にしました。

見てください、すごくスッキリ!

床面積が広いと、空間が広く見えるので片付いて見えますし、ハンガーにかけておくだけなら手順も少なく、次に使うときも探しやすいので、とても楽チン。

ずぼらさんにはハンガー収納をお勧めします!

なんとハンガーにかけるようにしてからはこのクローゼットの状態を維持できているのです。畳んでいたときは1枚目の写真の状態だったのが、嘘みたい。

注意
湿気に弱い家の方はご注意ください。脱いだものをクローゼットに入れておくと全部カビます!1晩部屋に干してからクローゼットにいれてくださいね。

まとめ

1枚目の写真から2枚目に行き着くまで2ヶ月くらいかかってしまいました。

自分に合った収納方法が今回は見つかって、畳むのは無理!と改めて自覚できてよかったです。

ズボラな人ははできるだけ手順の少ない収納方法を探して行くのが良さそうですね。

 

こんな記事も書いています。

かさばりがちな書類の整理方法をご紹介しています。私はアプリを使って簡単に保管することにしました。書類整理に困っている人は読んでみてね。

溜まりがちな書類はアプリでスキャンして保管しよう!

 

クローゼットの断捨離の様子を動画でご紹介しています。捨てる判断基準やコツを話しているので興味があればみてみてね。

断捨離の様子をお見せします!クローゼット編

 

無印良品でワークショップに参加した時に教えてもらった洋服のたたみ方をご紹介しています。

無印良品で服のたたみ方を教えてもらいました。