「しばらく残す書類って、いつまで残すの!?」を解決❤️

大量の小銭を郵便局の窓口で貯金してみた!【金額数えなくてOK】

小銭貯金って楽しいんだけど、銀行口座に預けるのが面倒だったりしませんか?

でも安心してください!実は、大量の小銭を銀行の窓口に預けるのはとっても簡単なのです!

郵便局なら自分で金額を数える必要もないので私はいつも郵便局を利用しています。

今回は実際に郵便局で小銭貯金を口座に入金してみました!

笑顔で受け付けてくれます

窓口に大量の小銭を持っていくのって迷惑じゃないの?と心配している方も多いようです。いえいえ、実はATMに大量の小銭を入れるほうが、郵便局や銀行にとっては迷惑だとご存じでしたか?

大量の小銭を入れるとATMが止まってしまうことも多く、復旧に時間がかかってしまうのだそう。休日にATMが止まってしまうと、ほかのお客さんにも迷惑をかけてしまいかねません。

「大量の小銭は窓口に持ってきて~!」というのが全国の銀行・郵便局員の心の叫びだと言いますので、遠慮なく、堂々と小銭は窓口に持っていきましょう!

大量の小銭を預けるまでの手順

1ヶ月分の小銭貯金 

今回は1ヵ月貯めた小銭を入金します。今月は途中で使ったので少ないです。笑

1.用紙に必要事項を書きます。

お預け入れ用紙

窓口に行く前に、「お預け入れ」用紙に必要事項を記入します。このとき、金額は空欄でOK。局によっては用紙をもらうときに「金額は空欄でいいですよ」と案内されます。

2.用紙と小銭とキャッシュカードをもって窓口に行きます。

整理番号を受け取って待ちます

いまは郵便局も通帳レスの時代なのですよね。なので小銭とキャッシュカードを持って窓口に向かいましょう。

お願いしますといって差し出せば、機械でジャラジャラと金額を数えてくれます。量が多いと少し時間がかかるので、椅子に座ってのんびり待ちましょう~!

3.小銭の金額を記入します

金額を記入します

小銭の計算が終わると呼ばれますので、自分で金額を先ほど書いてきた「お預け入れ」の用紙に記入して、再び窓口に預けます。

4.預け入れが終わりました!

預け入れが終わりました!

終わると名前を呼ばれてキャッシュカードと明細が渡されます。今回の小銭貯金は 5,280円でした!

小銭は窓口だと簡単に貯金できます

大量の小銭も郵便局の窓口ならばあっという間に貯金できました。これで安心して小銭を貯められますね。

意外と知られていない「銀行・郵便局的には大量の小銭は窓口に持ってきてほしい」ということも学べたし、これからは窓口で預けるようにしたいですね。

こんな記事も書いています

「財布に残っている小銭を全部貯金する方法」で1ヵ月貯金してみた結果を記事にまとめました。

 

みんながやってる定番の貯金術を調べてみました。